英会話の習得法 - 英会話教材【EVERYDAY ENGLISH PHRASES】

英会話の習得法 - 英会話教材【EVERYDAY ENGLISH PHRASES】

英会話の習得法 - 英会話教材【EVERYDAY ENGLISH PHRASES】

 

いつまでたっても英語が話せない理由。それは・・・

 

この豊な日本には数々の英語学習法があふれています。

 

ある程度の規模の駅には必ず英会話スクールはありますし、深夜テレビの通販番組、
新聞、雑誌、インターネット、果ては電車の中釣り広告まで、英会話教材の宣伝をしています。

 

生徒数がケタ違いに多い英会話スクールや、何十万個と売れている教材などざらにありますし、
大抵の人は中学、高校と英語を6年間も習います。しかしなぜ英語が話せる人が少ないでしょうか?

 

これだけの環境であれば、日本人はもっと英語をペラペラになってもいいはずです。

 

しかし、一向にその気配はありません。
一体何がいけないのでしょうか?

 

これだけの環境であれば、日本人はもっと英語をペラペラになってもいいはずです。

 

しかし、一向にその気配はありません。
一体何がいけないのでしょうか?

 

 

 

英会話スクールに7年通ったけど、ネイティブに全く通じない・・

 

英会話スクールで英語が上達しない理由

 

英会話を学ぼうとすると、やはり英会話スクールに通うという選択をしがちです。

 

しかし、ほとんどの英会話スクールの講師は、ネイティブスピーカーですが、
英語を教えるプロではないのがほとんどです。その証拠に、ただ単にフリートークをしてみたり、
私たち日本人に分かりやすいように、とてもゆっくりで簡単な表現しか話しません。

 

ネイティブ同士の会話のようなマシンガンのような会話を
英会話教室で経験した方は少ないのではないでしょうか?
しかし普通の会話では、その早いスピードの方が一般的なのですが。

 

実はこの事実には英語教育の専門家も警笛を鳴らしています。

 

私の知り合いに元獨協大学で英語を教え、
元NHKラジオ英語でも講師をされていた阿部先生という方がいるのですが、こんな話をしていました。

 

「先週、まだぜんぜんネイティブと会話できるレベルではないな、という人に会ったんだけど、
実は大手の英会話スクールに通い出して7年目という事を聞いて本当に驚いたよ。

 

やはり英語教育の観点から言っても、日本人のレベルに合わせた
ゆっくりとした英語でフリートークをすることが、
どんなに意味のないことか、むしろ悪であると思えるくらいだ。だって7年だよ!?」

 

大手英会話スクールに7年、いったい彼はいくら遣ったのでしょうか・・・。
高い授業料を払う前に、もう一度見直す必要があるのかも知れません。

 

 

 

「聞き流すだけで、英語が口から飛び出す」って本当ですか?

 

英語教材で英語が上達しない理由

 

「聞き流すだけで、英語が口から飛び出す」
そんな何とも魅力的なキャッチコピーに思わずひかれてしまいますが、
本当に聞き流すだけで英語が話せるようになるのでしょうか?

 

確かに赤ちゃんや幼児であればただ単に英語を聞き流したり、
英語で話しかけているだけで話せるようになるのかも知れません。

 

私もその様な例もたくさん聞いたことがあります。

 

しかし、私たち大人は既に日本語での先入観が定着していますし、
それが邪魔をしているため単に英語と日本語を聞き流すだけでは
話せるようにはならないのではないでしょうか?

 

もちろん全く意味がないとは思いませんし、有効である部分はあると思います。

 

また、聞き流すという行為はリスニングには多少の効果があるようです。
しかし、私はそのような教材で話せるようになった人を知りません。
「聞いたことがある=話せる」 そんな単純なことが本当にあるのでしょうか?

 

コミュニケーションの道具である英語ですから、聞くだけでなく、
実際に口に出して言うことが何よりも大切だと思いませんか?

 

 

 

「英語がペラペラになる、奇跡の発見をしました!」
あなたはまだ、こんなことを信じますか・・・?

 

英語上達の魔法、奇跡の発見、ある方法でペラペラ

 

最近巷でこのような教材を見かけます。確かに何をやってもダメなので、
奇跡の方法や、魔法、超裏技などという宣伝文句につられて教材を買ってしまう、
そんなことはあると思います。

 

でも、よく考えてみてください。もし英語をマスターする上での奇跡の方法や、
魔法が奇跡的に発見されたとしたら、それはかなり大きなニュースになるとは思いませんか?

 

普通に考えれば分かることですよね。

 

実は私もいくつか購入した経験がありますが、教材としてはいたって普通で、
悪いものではないものも多いです。

 

しかし、その内容はほとんどが「英語の運用方法を学ぶ」とか
「簡単な動詞の使い方を学ぶ」とか、「語順を変えて読むことで英語脳になる」とか、
別に目新しい方法ではありませんでした。

 

いくら英語がしゃべれるようになりたいな〜と思っていても、
あまり無駄使いはしないようにしたいですよね。

 

いかがでしょうか?
すべてを否定するわけではありませんが、このような学習スタイルでは、

 

いつまでたっても英語がしゃべれなくて当然なんです。

 

 

 

最短で日常英会話をマスターする方法とは・・

 

ではそれらの問題を上手くクリアして、日常英会話を最短で話せるようなるにはどうすれば良いか。
その答えを今、ここでお伝えしましょう。

 

それは「ネイティブが実際の生活で使う、フレーズをそのまま覚える」事なんです。

 

えっ?そんなこと?そう思ったかもしれませんが、
私が英語ぺらぺらになれた秘密も実はここにあるんです。

 

どういう事か詳しく説明する前に少しだけ私自身の話しをさせて下さい。

 

冒頭で私が26歳まで英語が話せなかったというお話しをしましたが、
当時の私はオーストラリアにワーキングホリデーで留学するのが目標でした。
(ワーキングホリデーとは現地で働きながら勉強できる留学制度です。)

 

そこで、その目標に向かって何とか英語が話せるようになりたいと英語教材を買い漁り、
そして英会話スクールにも通い、まさに英語を話すためのありとあらゆる方法を試してみました。

 

これだけ勉強したんだから、何とかなるだろう。
そう思って意気揚々と日本を後にしました。

 

そして念願のオーストラリア。
現地に到着した、その初日に私の自信や想いはすべてガラガラと崩れ去りました。

 

 

 

英語教材での勉強、そして英会話スクール、その成果は・・

 

マクドナルドでまったく注文ができない。
ホームステイ先で「ディナー」しか聞き取れない。
自分の名前以外、何も通じない。

 

現地の人と話すたびに見る、相手のしかめっ面は今でも忘れることが出来ません。
あれだけお金と時間をかけて英語を勉強したのに・・・。もう帰ろうか、何度もそう思いました。

 

しかしそんな私にも転機が訪れます。

 

ちょうどホームステイが終わり、イギリス人とルームシェアすることになった時のことです。
もちろん彼と満足にコミュニケーションが取れるわけないのですが、
ある日「おやっ?」と思うことがありました。

 

そのイギリス人は「スティーブ」という男でしたが、
彼の話す英語になんとなく違和感を感じたのです。

 

それは、一日の中に何度も同じフレーズが出てくるんです。

 

そこで私は考えました。

 

もし日常会話で使うフレーズが決まっているのなら、
それを覚えたら日常英会話ぐらいは喋れるようになるんじゃないのかな・・・

 

そこで彼が使うフレーズをカタカナでメモし、辞書で意味を調べ、
それを実践で使うという事を繰り返しました。

 

具体的にいうと、私が行ったのは以下の3ステップです。

 

英会話の習得法 - 英会話教材【EVERYDAY ENGLISH PHRASES】

 

 

たったこの3ステップを繰り返しただけで、最初はカタコトの英語だった私が
その学習を初めてから27日後にはネイティブと普通に話せるようになっていたのです。

 

話せるようになってから、スティーブに日本の教材を見せると、「こんな英語は使わない」と言われ、
「そんなもので勉強していたのか」とものすごいショックを受けました。

 

 

 

もしかしてあなたはこんな英語フレーズを使ってますか?

 

例えばあいさつ。How are you?が一般的ですが、
この返答でI'm fine thank you, and you?という答えをするネイティブを私は一人も見たことがありません。

 

もちろん間違っている訳ではありませんが、一般的でないのです。

 

確かに今思うと、参考書に書いてあるフレーズは日常会話で使うものではありません。
スティーブも言っていましたが、参考書の英語は例えるなら銀行の窓口や、
電話オペレータの方が使うような、非常に堅苦しく古い英語なんです。

 

その後、私はこの経験をもとにした独自のノウハウを作り、
色々な人に教え今では10,000人以上の人がこのノウハウを使って成果を出しています。

 

この事実からも分かるように、ネイティブスピーカーが使うフレーズさえ覚えてしまえば、
他の余計な知識なんかなくても日常英会話は喋れるようになるんです。

 

このことは英語発音.comとい英語学校を運営しており「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55」
という40万部を超えるベストセラー本の著者でもある、古市幸雄先生も強くお薦めされています。

 

古市先生は著書の中でこうおっしゃっています。

 

・英単語や熟語を暗記しても、英文法の勉強をやり直しても、全然英会話が出来るようにならない。

 

TOEIC・TOEFL・英検で高得点を取得しても、現場で満足に英語が使えない。 当然です。
勉強の質が完全にずれているのですから。ネイティブはそんな小難しい表現や回りくどい言い方、
難しい単語はほとんど使っていません。 英語学習者の大半が、彼らが使わない英語を勉強しているのです。 私の場合も同じでした。TOEFLの点数はいいのに、自分の英語が現地で通用しないのです。

 

・勉強の質を間違えないために。

 

英会話については、ネイティブが多用するフレーズを丸暗記することを強くお勧めします。

 

古市幸雄先生著
「1日30分」を続けなさい!
人生勝利の勉強法55」
130ページ、134ページより引用

 

発行所 株式会社マガジンハウス
2007年6月21日発行

 

 

 

小難しくてつまらない勉強は今すぐ止めて下さい。

 

もう苦労して難しい文法用語を覚えたり、忙しい中、大金を払って
英会話スクールに行く必要もありません。

 

ネイティブが使うフレーズさえ覚えてしまえば、日常英会話は話せるようになるんです。

 

「でも覚えるって言っても周りにネイティブがいないし・・・」

 

確かにその通り。
しかし、本気になれば映画のDVDからでもでも覚えることはできます。(実際私も行いました。)

 

「そんなことができたらとっくにやってるよ!」
「簡単に言うけど、色々忙しくてそんな暇はない!でも英語は話せるようになりたい・・・」

 

確かにそうですよね。口で言うのは簡単でも、
実際やるにはものすごい時間、お金、パワーを使います。
そうなると結局モチベーションが下がって結局諦めてしまう・・・

 

しかし、あなたはもう心配する必要はありません。

 

本当に必要な事だけをまとめた私のオリジナルプログラムをご紹介します。

 

このプログラムは私と、私の友人であるカナダ生まれのネイティブスピーカーであり、
バイリンガルのKENTAさんという方二人で作り上げた、
日常英会話上達の為の完全オリジナルのプログラム「EVERYDAY ENGLISH PHRASES」です。

 

あなたはそのプログラムを使い、フレーズを覚え、実践していくだけでいいのです。
そうしていく内にコツをつかみ、自然と英語を話せるようになるのですから・・・

>> 英会話教材【EVERYDAY ENGLISH PHRASES】の詳細はこちら!
EVERYDAY ENGLISH PHRASES - 価格キャッシュバック

YOSHIの英会話教材【EVERYDAY ENGLISH PHRASES】

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール 英会話の習得法 教材の内容中身 金額特典返金保証 購入者の結果評判