教材の内容中身 - 英会話教材【EVERYDAY ENGLISH PHRASES】

教材の内容中身 - 英会話教材【EVERYDAY ENGLISH PHRASES】

教材の内容中身 - 英会話教材【EVERYDAY ENGLISH PHRASES】

 

日常英会話の最速上達法「エブリデイ イングリッシュ フレージーズ」

 

この教材は、以下の内容で構成されています。

 

「エブリデイ イングリッシュ フレージーズ」テキスト

 

このテキストには、私が海外で集めたフレーズ約300個と、KENTAさんが追加したフレーズ約200個のフレーズを収録し、さらに私が行ってきた最速で英会話を上達させる学習法をまとめました。

 

一般の参考書や英会話スクールでは知ることが出来ない、本当にネイティブが使うフレーズが収録してあり、さらに、文法などの難しい知識が全くなくても覚えるだけで使う事出来るので、今までにないスピードで上達を実感することが出来ます。

 

また、フレーズ集に載っているフレーズを全部覚えてしまったとしても、ボキャブラリーの増やし方なども学習法で解説しており、このテキスト1冊で一生使える内容となっております。

 

「エブリデイ イングリッシュ フレージーズ」解説CD 3枚

 

このCDは通常よくある英語教材のように
「英語のフレーズ→日本語の訳」の繰り返しという訳ではなく、
私とKENTAさんが対談形式で、フレーズの使い方、
英語発音、ニュアンスを解説する内容となっております。

 

英語の発音部分以外は全て日本語で構成されていますので、

 

・いつ、どんな場面で使うのか
・そのフレーズにはどんなニュアンス、意味が込められているのか

 

という事を簡単に理解することが出来ます。

 

他の教材と比べて「実際の会話で使える」という事に重点を置いて
作成していますので、聞いておぼえれば次の日から使える、そんな内容になっております。

 

これを聞けば、もうあなたは英語が喋れないという事を二度と口にできなくなるでしょう。

 

「KENTAネイティブフレーズ集」CD1枚(日本語解説付き)

 

ネイティブスピーカーのKENTAさんの視点からみて、私のフレーズ集だけでは足りない所を補っていただいたものです。

 

もちろん、KENTAさんによる発音解説CDもご用意いたしました。日本人が海外で生活してよく使ったフレーズと、生まれながらにして海外で生活しているネイティブスピーカーがよく使うフレーズ。

 

「エブリデイ イングリッシュ フレージーズ」とこのフレーズ集があればもう日常英会話に困ることはありません。

 

ぜひこの特典もご活用していただき、ネイティブスピーカーとのconversationを楽しんでください!

 

 

それでは以下より内容の一部を紹介させて頂きます。

 

 

「dinner(ディナー)」しか分からなかった男を、たった27日間で
英語を話せるようにしてしまったある方法とは?

 

先ほどから何度もいっているとおり、英語ペラペラになるには「フレーズを覚える」のが一番です。
しかし、その覚え方にもちょっとしたコツがあります。 お金をかけなくても簡単にできる、
最速の英会話上達法を全て包み隠さずお話します。

 

空いた時間で1日15分程度継続してこの方法をやれば、あなたも1ヶ月〜3か月程度で、なんのイヤミもなく、自然と口から英語が飛び出してしまうでしょう。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

 

これを知らなければ一生英語は通じない!日本では知ることができない、ネイティブスピーカーが本当に使うフレーズとは?

 

今の日本で売られている参考書や教材には、ネイティブスピーカーが
本当に日常で使うフレーズはほとんど記載されていません。記載されているのは堅苦しい、
もしくは今の時代にあわない古い英語で、会話で使ったら「??」というような英語ばかりなんです。

 

そんなもので勉強しても、英語が話せるようになる訳ありません。
ネイティブが使うのはもっとフランクで簡単なフレーズなんです。
そんなネイティブに通じない英語を学ぶのに無駄なお金と時間をかけるのはもう今日でおしまいです。

 

私が実際にオーストラリアで生活し、現地で出会ったイギリス人、アメリカ人、カナダ人、そしてオーストラリア人から学んだ「ネイティブスピーカーが本当に使うフレーズ」。

 

全てあなたにお教えします。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

 

何よりも一番初めに覚えなくてはいけない、 35 種類もある挨拶、返答の使い分け方、そして 初対面の相手に対して、会話のきっかけを作るフレーズとは?

 

聞いて驚くかもしれませんが、How are you? だけでも7通りの言い回しがあるんです。
フレーズ選び一つで、微妙なニュアンスの違いが、相手に与える印象をガラリと変えてしまい、
その後の人間関係に影響する可能性すらもあります。

 

本当に英語をマスターして、ネイティブとコミュニケーションを取りたいなら、会話では何の役にも立たない文法や難しい単語の暗記は今すぐやめて、まずは挨拶の種類を覚えることをお勧めします。

 

その方が会話のきっかけも作れますし、よっぽど役に立つんです。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

 

ネイティブは「I'm fine, thank you. And you?」を使わない!
学校では教えてくれない、「How are you?」に対する返答とは?

 

「How are you?」に対する返答といえば、「I'm fine, thank you. And you?」を
思い浮かべると思いますが、実はネイティブはこのフレーズはほとんど使いません。
むしろネイティブに言わせると、日本人しか使わない、古いフレーズなんです。

 

現代では使われない、古いフレーズを教えている日本の英語教育の害から一人抜け出し、学校では教えてくれない、「I'm fine, thank you. And you?」の代わりにネイティブが多用するフレーズ8種類をあなたは知ることが出来ます。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

 

なぜ日本人はカタカナ英語発音になってしまうのか。
その原因と、カタカナ英語発音から脱却し、ネイティブ発音を手に入れる方法とは?

 

日本人なら当たり前のように習う○○○○こそが、カタカナ英語発音になってしまう原因なんです。
だからこそ、いつまでたっても日本人の発音レベル上がりません。

 

日本の教育方針が変わらない限り、根本から日本人の発音レベルを上げることは出来ませんが、この教材をご覧頂いたあなただけに、カタカナ英語になってしまっている原因を取り除き、正しく「カッコいい」ネイティブ発音になれる方法をお伝えします。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

 

日本の英語教育に隠されたウソとは?

 

中学、高校、さらには大学でも英語学習が行われており、さらには専門学校、英会話教室など、
日本で英語を覚えるための方法はたくさんありますよね。

 

しかしそれでも英語を覚えられない、話せない、聞き取れない・・・。これが現状です。
では、なんで覚えられないのでしょうか?

 

実はそれには隠された罠とも言えるウソが潜んでいたからなのです・・・。まず英語学習に入る前にここでの話を聞いてください。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

 

How do you do?はもう古い?
ではネイティブは初対面のときにどんなフレーズを使うのか。

 

私がオーストラリアで生活していたとき、How do you do?を使っているネイティブは
ほとんど見たことがありません。もう限りなく「死語」に近いようなものなんです。

 

しかし、ほとんどの日本人はそんなことは知りませんので、実際にネイティブは使わないにも関わらず、世間で「正しい」と思われている英語を信じているから、いつまでたっても英語が話せるないんです。そんな誰も使わない言葉を覚えるより、この21世紀で本当に通じるフレーズを覚えませんか?

 

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

 

これを知らない為に日本人は海外で馬鹿にされ続けている・・・
もうこれ以上馬鹿な日本人という印象を与えない為の、正しい英語の使い分け方とは?

 

辞書で調べると同じような意味の単語やフレーズでも、実際にネイティブは
相手や状況によって細かいニュアンスで使い分けをしています。

 

知らないまま日本の恥として世界の笑いものになるか、知って礼儀正しい日本人として国際社会に飛び出すか、あなたはどちらを選びますか?

 

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

 

日本人の97%が理解できていない、文法を覚えるより重要な、
英語を話せるようになる為に認識しておかなくてはいけないポイントとは?

 

実際に文法を覚えても会話の中では全く使いません。「これは過去分詞を使って・・・」
「この言い回しだと形容詞をここに持ってきて・・・」などと、会話の中で考えている暇があるでしょうか?

 

さらに、そんなつまらない、会話で役に立たないことにお金と時間をかけて勉強を続けられるでしょうか?

 

それでも「文法が大事!しっかり覚えたい!」というなら私は何も言いませんが、「とにかく楽しく話せればいい!」と思っているのであれば、このポイントを理解することによって、あなたの英語は何倍ものスピードで上達することでしょう。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

 

英会話スクールに行っても英語は話せるようになりません。
しかし実は全く別の活用方法があるのです。
あまりお金をかけずに、英会話スクールを有効に使う方法とは?

 

冒頭でもお話したような理由でたとえ何十万、何百万かけても、英会話スクールで
英語が話せるようにはなりません。しかし、英会話スクールにはある活用法があるのです。
(もちろん、英会話スクールで英語を習うなんて、バカな事ではありません。)

 

実はこの方法、英会話スクールのスタッフもこっそりお勧めをしています。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

 

学校では絶対に教わらない、ネイティブがある時に使う独特の英語とは?

 

日本人が見たら「なんだこれ・・・?」と意味がわからないような英語をネイティブはある時に使います。
これを使えるようになると、とてもカッコいいしですし(笑)ネイティブになったような感覚になれます。

 

しかし、“正しい英語”に振り回されている人は驚くようなものかもしれません。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

 

ほとんどの日本人が使わない、あるフレーズの重要性とは?

 

誰もが知っているフレーズにもかかわらず、日本人がかなりの確率で言い忘れている
フレーズがあるのをご存知ですか?これを言うのと言わないのではニュアンスに大きな違いが生まれ、
言わなければ非常に失礼な言い回しになってしまいます。

 

どんな状況であってもこのフレーズの言い忘れには注意してください。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

 

どんな状況でも難なくやり過ごせる最強フレーズとは?

 

自分の英語に自信がない・・・という人でもここでお伝えするフレーズを覚えれば、
ネイティブとの会話に困ることはまずないと言っても過言ではありません。

 

私たちの日常会話でも自然と出てくるような会話を、ネイティブのニュアンスで言えるようになりますので、ぜひ覚えてネイティブになりきって下さい。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

 

どうしても相手の英語が聞き取れない時に使うべき8つのフレーズとは?

 

まだ英語に慣れていない場合、相手の言っていることが分からないのに分かった素振りをしたり、
なんとなく頷いたりしてはいませんか?話せないのは仕方がないのですが、その時の態度次第で、
最悪の印象を与えかねない行動になりますので、ここでお伝えするフレーズを使ってみて下さい。

 

状況や相手との関係性に合わせられるように8通りのパターンがあります。どのフレーズでもあなたを助けてくれる使い勝手の良いフレーズですので、出来るだけ序盤に覚えるようにしましょう。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

 

学校で習ってきた事と全然違う!?
will とbe going toの本当のニュアンスの違いとは?

 

覚えているでしょうか?中学校の英語の授業ではwill=be going toと習いましたよね。
私もそれをずっと信じていてオーストラリアで使っていましたが、
実際、ネイティブスピーカーが使う時は違ったニュアンスで使っていたのです。

 

このニュアンスを間違えて使っていたため、あの頃の私は恥を書きました。

 

これを間違うと、言った事も実行できない、嘘つきのレッテルを貼られてしまうかもしれません。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

 

欲しい物の名前が分からなくても買えてしまう、
買い物で絶対に困らないフレーズとは?

 

海外旅行に行った時に一番困るのがこの買い物をする時。私は最初、水すら買う事ができませんでした。

 

しかし、このフレーズを覚えてからは、何も不自由しなくなったので、嬉しくて買い物三昧になってしまったことがあります。あなたも私のようにならないよう、フレーズを覚えても使いすぎには注意して下さい。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

 

会話をする前に知っておかなければならない、 can, could, should, may, mightの
超微妙な使い分けとニュアンスとは?

 

微妙なニュアンスをもったこの5つの単語。会話の中で使う前にある程度の予備知識が必要です。
どの単語がどれくらいの確かさを持っているのか、発音のニュアンスだけでも伝わり方が変わります。

 

それらを知らずに使ってしまうと、自分がして欲しかったことが相手にしてもらえなかったり、 相手に勝手に何かをしてもらえると期待されたり等、 お互いに勘違したまま会話が続いてしまい、 築いてきた信用が無くなってしまう事もあります。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

 

他の英語教材では絶対に教えてくれない、
しかし知らないと危険な「スラング」の正しい使い方とは?

 

ネイティブが最も多用する言葉の一つに"スラング"というものがあります。
日本で若者言葉とか仲間うちだけの言葉みたいなものですが、彼らネイティブスピーカーは
これをかなり多用します。親しい仲になればなるほどスラングを使います。
ですので、ネイティブの友達や恋人を作りたい場合はこれを知らなければ話になりません。

 

しかし、冗談抜きで間違ったスラングの使い方をすると、危険な目にさらされてしまう事もあるくらい、取り扱い注意なフレーズです。

 

この教材では、通常は教えない、現地で生活しないと知ることができないスラングを解説していますので、(おそらく英語教材初の試みだと思います) バカにせずしっかり覚えて、より深いコミュニケーションを取れるようになって下さい。

 

 

 

 

いかかがでしょうか?
このプログラムを使えば、ネイティブが使うフレーズを効果的に覚えることができ、
すぐに会話に生かすことが出来ます・・・

>> 英会話教材【EVERYDAY ENGLISH PHRASES】の詳細はこちら!
EVERYDAY ENGLISH PHRASES - 価格キャッシュバック

YOSHIの英会話教材【EVERYDAY ENGLISH PHRASES】

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール 英会話の習得法 教材の内容中身 金額特典返金保証 購入者の結果評判